疲れ目・目の疲れを解消する体操

疲れ目・目の疲れを解消する体操


クルクル・パチパチなどでピント合わせ


色々な目の体操を組み合わせて、疲れ目すっきり。老眼予防にも効果的です。


パソコンを使ったお仕事で目の疲れを感じる方へ。


目の疲れを解消する体操

@一度目をギュッと閉じて、パッと開ける

A頭を動かさない様に、黒目を右へ

B同じ様に左へ黒目を動かす

C次に上へ動かす

D最後に下へ動かして、@へ戻る

一点を見つづける作業の後は、近いところにピントを合わせ続ける事で、毛様体と呼ばれる部分が疲れています。


目玉をクルクルまわして、コリをほぐしましょう。


パソコンを使った職業の方など、30分に一度休憩をとって、2〜3回体操をしましょう。


目の疲れを解消する体操A


パソコン操作・ケータイメールなど凝視して目の疲れを解消


@まず、温パックをして、目を温めて血行を良くしておきましょう。

A好きな音楽をかけましょう

B目をパチパチと音楽にあわせて、開いたり閉じたりします。

C音楽が一曲終るまで繰り返します。

D終ったら目を閉じてしばらく目を休ませます。


いかがでしょうか。簡単な作業で目の疲れ疲れ目に効果的な方法があります。


是非、試してみてください♪




Copyright (c) 目の疲れ疲れ目に. All rights reserved.


目の疲れ、疲れ目にサイトTOPへ

目の疲れ・肩こり

目の疲れと肩こり


最近では、パソコンやテレビゲームにより、目の疲れだけでなく、体や心にも影響を及ぼすVDT症候群という病気が増えているようです。


目の疲れ回復方法


1、目の疲れを感じたときには、温めたタオルをまぶたの上に乗せて5分ほど置く。


2、その後冷たいタオルを同じようにまぶたの上に乗せて5分程おく。


そうすると目の疲れや充血が取れ、血行も良くなるので疲れが取れます。


この目の疲れを取る方法は、今日家に帰ってもすぐに出来るので試してみてください。


また、オフィスでも休憩時には、できるだけ遠くを見るようにしたり、まぶたの周辺を軽くマッサージするようにしてください。


肩こり


肩こりの解消にもやはり血行を良くすることが必要とされるので、適度な運動やストレッチ、ぬるめのお風呂にゆっくりつかって体を温める、マッサージをするなどが一般的ですね。


オフィスでも40〜50分に一度席を立つようにしたり、肩の上げ下げをしたりずっと同じ姿勢のままでいないようにこころがけましょう。




Copyright (c) 目の疲れ疲れ目に. All rights reserved.


目の疲れ、疲れ目にサイトTOPへ

目の疲れにいいマッサージ

目の疲れにいいマッサージ


テレビやパソコン画面を見続けて目の疲れを感じたら、目の疲れを取るマッサージをしてみましょう。


1分でできる簡単な目の疲れに効くマッサージ方法を紹介します。


実際に読みながらやってみて下さい。簡単ですのですぐに覚えられます。


@両手をこすり合わせて手を温めマッサージの準備をします。


A人差し指と中指で目の周りの硬い骨の部分を軽く押していきます。

指の腹の部分をつかって目の周りの血行を良くするように、周りを押さえていきます。

眼球じたいを押さえないで、目の周りの骨の部分をやさしく押していきます。

押さえるだけでなく、指を小さく回転させながらマッサージしてもいいでしょう。


Bその指の形のまま、こめかみに軽く指を当て、回しましょう。

そっとこめかみに指を押し当てて優しく回して下さい。

目に疲れがたまっていたら、どこかで痛みを感じることもあります。

その場合はとくにその部分を優しくマッサージしてあげましょう。


以上が目の疲れに効くマッサージです。


簡単ですよね。これで目の疲れを解消しましょう。


そうすればきっと、いままでと目の疲れ具合が違うことを感じてもらえます。




Copyright (c) 目の疲れ疲れ目に. All rights reserved.


目の疲れ、疲れ目にサイトTOPへ

目の疲れ、疲れ目にに効くツボ

目の疲れ、疲れ目に効くツボ


今回ご紹介するのが、目の疲れ、疲れ目に効くツボです。


これはいつでもどこでも簡単にできる方法ですので、是非、参考にして実践してみてください。


この目の疲れに効くツボのひとつに天柱(てんちゅう)と呼ばれる部分があります。


肩や首のこりを伴う目の疲れにはこのツボがとても効果的!


■目の疲れに効くツボ:天柱の場所とやり方


後ろ首の髪の生え際で、2本の太い筋肉の外側のくぼみにあります。


両手の4本の指を組んで後頭部にあてて親指の腹がちょうどツボにあたるようにし、そのまま頭を後ろに傾けて指圧する。


目の疲れ、肩こりをはじめ、頭痛や慢性甲状腺病にまで効果があります。


その他にも「太陽(たいよう)」「瞳子リョウ(どうしりょう)」「睛明(せいめい)」というツボがあります。


こられも疲れ目に効果がありますので、覚えておきましょう。


●太陽(たいよう)

眉じりの外側と目じりの外側の中間あたり。人差し指、または親指の腹で、始めは少し弱めに、力を少しずつ加えて、最終的にはしっかりと押す。


●瞳子リョウ(どうしりょう)

目じりの指幅1本外側の骨のくぼみ。人差し指の腹で、左右同時に少しずつ力を入れて2秒くらい押し、これを繰り返すようにする。疲れ目の治療には、必ず用いられる大切なツボだ。


●睛明(せいめい)

目頭と鼻柱の間にあるくぼみ。指の腹で静かにもむように押す。眼球を押さないように注意。




Copyright (c) 目の疲れ疲れ目に. All rights reserved.


目の疲れ、疲れ目にサイトTOPへ

目の疲れには

目の疲れには


目の疲れには、バランスの良い栄養摂取がとても重要になります。


しかし、栄養をたくさん摂る必要があるからといって、胃腸が疲労している状態でボリュームのある食事を摂ったり、過剰に摂りすぎることは、オススメできることではありません。


どのような栄養を摂ったら良いのか学んだり、サプリメントを活用したりするなど、目の疲れだけでなく身体全体に気を配りたいものです。


目の疲れに効くツボにここでひとつ紹介します。


人間の頭には「太陽(たいよう)」とよばれる場所があります。


ここは、眉じりの外側と目じりの外側の中間あたり。(こめかみあたり)


やり方は、人差し指、または親指の腹で、始めは少し弱めに、力を少しずつ加えて、最終的にはしっかりと押す。


これだけで疲れ目に効果があります。


デスクワークでのパソコンによる目の疲れなどがひどくなるという方がどんどん増えています。


皆さんは目の疲れに十分ご注意ください。




Copyright (c) 目の疲れ疲れ目に. All rights reserved.


目の疲れ、疲れ目にサイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。